月別アーカイブ: 2015年5月

151026M_063r-thumb-815xauto-19919

私のニキビとの戦い~高校からのニキビとのながーい付き合い

20年近く前の話です。
それまで肌荒れと全く無縁だったのですが、高校3年生の冬、頰に大きなニキビが出来たのが、私のニキビとの戦いの始まりでした。

その頃は片思いしていた人に大失恋したばかりだったので、そのストレスからのニキビだろうと軽く考えていましたが・・・
高校から短大へ進学して1ヶ月の間に、あれよあれよという間に、私の顔はニキビだらけに!

最初は今まで体験した事のない肌荒れに、「顔を清潔にしていれば治るだろう」と安易に構えていました。
でもそんな私の気持ちとは裏腹に、ニキビはどんどん増えていきました・・・

今思い出しても悲しい、ある朝の出来事。
私は女子短大に通っていたので、たまに校門の前で他大学の男子学生がサークルの案内を配っていました。

ある朝、私の前を歩く女の子達が案内の紙をもらっていたのに、私が通り過ぎた時にはあからさまに無視されたのです。
ニキビのせい?それとも容姿なのかな?どちらかわからなかったけど、悔しさをバネにニキビと全面対決することを決意しました。

それまでに市販の薬を試しても効果がなかったので、これはやはり皮膚科ということで通い始めるも、残念な位に効果なし。
お医者さんを変えても、相変わらずニキビは私の顔の上で大暴れしていました。

そんなある日、母の助言で子供の頃からお世話になっているお医者さんに行ってみる事にしました。そこは皮膚科ではなく、内科・外科・小児科専門のいわゆる町医者。

久しぶりに先生にお会いし、皮膚の薬ではなくビタミン剤を処方していただくことになりました。

ただのビタミン剤?と思うかもしれませんが、なんとこれが効果あったのです。
ほんの少しずつだけど、ニキビが治っている実感があり、半年後には同じクラスの子達に「ニキビかなり治ったね!」と言われるくらいに目に見えての効果がありました。

そして短大卒業間近までには、すっかりニキビとは縁が切れました。

その後も何度かニキビが出来るがありましたが、私はおそらく、ニキビが治らない!という事に大きなストレスを感じ、余計にひどくなるタイプなんだと思います。

仕事のストレスでもニキビが増える事がありましたので、ストレスが一番私の肌には良くないようです。

今は年齢のせいもあり(笑)?、ニキビとはほぼ無縁の生活を送っています。
私のニキビとストレスの関係の話が役に立つかどうかわかりませんが、こんな人もいるんだと参考程度に思ってもらえると良いかもしれません。