150912505714-thumb-1000xauto-19285

大人ニキビは食生活を改善すれば治ります♪食生活改善でニキビを治す方法とは?

大人の方でもニキビで悩んでいる方は少なくないと思います。
大人ニキビは食生活を改善すれば出来なにくくなりますし、今出来ている大人にニキビが治りやすくなります。

まず食生活は脂っぽいお肉や大きい魚や魚卵、それからバターやチーズや牛乳や生クリームなどの乳製品、そして精製油で揚げている揚げ物や糖分の高いお菓子や塩分の高い珍味やお菓子、さらに精製した穀物やお砂糖や添加物の多い調味料など、これらの食品はなるべく取らないようにします。

こういった食品は毎日食べたり一度に食べ過ぎると、体が酸性化してニキビが出来やすくなります。
特に常温で固まっている脂が入っている食品、油っぽいお肉や乳製品やマーガリンやショートニングの入っているパンやお菓子を食べると、翌日にニキビが出来やすくなってしまいます。

なので基本的に、主食は玄米にして、玄米にプラスして小豆や大豆や黒豆やあわやきび、それからあマランサスなど色々な穀物を混ぜて炊いた雑穀ご飯を食べると良いです。

そして副食は緑の濃い菜っ葉類、ほうれん草や小松菜や春菊や青梗菜などの菜っ葉類を多く食べるようにします。
そして人参や大根やゴボウやレンコンなどの根菜、そしてわかめや昆布やめかぶなどの海藻類、そして大豆や黒豆で作られているお豆腐やおからや豆乳などの大豆食品を食べるようにします。

そしてお魚を食べる時は、なるべく小魚を食べるようにします。鮪や鮭などの大きい魚は美肌を作る為のにはあまりお勧めできません。
なるべく玄米と野菜と大豆製品を主に食べるようにして、お菓子や珍味類は食べないようにしましょう。

そうすることによって体内が浄化していき、顔や体にニキビが出来なくなっていきます。健康にも良い食事法なのでおすすめです。
食事の改善と合わせて、ニキビケアサプリなどを使えば改善速度も早くなりますよ♪

CRI_IMG_6017-thumb-1000xauto-18608

思春期ニキビはスキンケアと食事制限で治せます♪ニキビを治す方法まとめ!

思春期ニキビで悩んでいる10代の子は少なくないと思います。
思春期に顔やニキビが出来ると、学校に行きたくなくなったり友達と楽しく会話出来なくなったりしてしまいますよね。

でも思春期ニキビはスキンケアと食事制限で治せますし、ニキビが出来にくい体質に変えることも出来ます。
まずスキンケアはいたってシンプルな方法がおすすめです。
お値段が高いニキビ専用の洗顔フォームや固形石鹸、それからニキビ専用の化粧水や保湿クリームなどの基礎化粧品を使わなくても、ニキビを治すことが出来ます。

スーパーマーケットやドラッグストアなどで売っている無添加の固形石鹸や、エッセンシャルオイルで香り付けされている固形石鹸で顔を洗います。

固形石鹸を水やお湯に付けて、泡立てネットで泡立てます。そうするとクリーミーできめの細かい泡が作れます。その泡で顔や体を優しく洗います。

そしてぬるま湯で泡をすっきりと洗い流します。
泡が肌に残らないようにすすぎ残しには注意しましょう。
このように洗顔や体を洗ってから、美肌水というシンプルな成分の化粧水とスクワランという美容オイルで肌を保湿します。

美肌水という化粧水は、精製水とグリセリンと尿素の3つの成分で出来た、とてもシンプルな化粧水です。
ドラッグストアで売っていますし、自分で手作りすることも出来ます。この化粧水で顔や体を保湿します。それから最後にスクワランというサラサラした肌触りのオイルを顔や体に塗ります。

そうすることによって肌に含まれている水分が蒸発しないように蓋をすることが出来ます。
それから食事制限は、油っぽいお肉やバターやチーズなどの乳製品、それから糖分の高いお菓子や塩分の高いお菓子などは、なるべく少な目に食べるようにしましょう。

このスキンケア方法と食事制限をすれば、思春期ニキビで悩まされなくなります♪

151026M_063r-thumb-815xauto-19919

私のニキビとの戦い~高校からのニキビとのながーい付き合い

20年近く前の話です。
それまで肌荒れと全く無縁だったのですが、高校3年生の冬、頰に大きなニキビが出来たのが、私のニキビとの戦いの始まりでした。

その頃は片思いしていた人に大失恋したばかりだったので、そのストレスからのニキビだろうと軽く考えていましたが・・・
高校から短大へ進学して1ヶ月の間に、あれよあれよという間に、私の顔はニキビだらけに!

最初は今まで体験した事のない肌荒れに、「顔を清潔にしていれば治るだろう」と安易に構えていました。
でもそんな私の気持ちとは裏腹に、ニキビはどんどん増えていきました・・・

今思い出しても悲しい、ある朝の出来事。
私は女子短大に通っていたので、たまに校門の前で他大学の男子学生がサークルの案内を配っていました。

ある朝、私の前を歩く女の子達が案内の紙をもらっていたのに、私が通り過ぎた時にはあからさまに無視されたのです。
ニキビのせい?それとも容姿なのかな?どちらかわからなかったけど、悔しさをバネにニキビと全面対決することを決意しました。

それまでに市販の薬を試しても効果がなかったので、これはやはり皮膚科ということで通い始めるも、残念な位に効果なし。
お医者さんを変えても、相変わらずニキビは私の顔の上で大暴れしていました。

そんなある日、母の助言で子供の頃からお世話になっているお医者さんに行ってみる事にしました。そこは皮膚科ではなく、内科・外科・小児科専門のいわゆる町医者。

久しぶりに先生にお会いし、皮膚の薬ではなくビタミン剤を処方していただくことになりました。

ただのビタミン剤?と思うかもしれませんが、なんとこれが効果あったのです。
ほんの少しずつだけど、ニキビが治っている実感があり、半年後には同じクラスの子達に「ニキビかなり治ったね!」と言われるくらいに目に見えての効果がありました。

そして短大卒業間近までには、すっかりニキビとは縁が切れました。

その後も何度かニキビが出来るがありましたが、私はおそらく、ニキビが治らない!という事に大きなストレスを感じ、余計にひどくなるタイプなんだと思います。

仕事のストレスでもニキビが増える事がありましたので、ストレスが一番私の肌には良くないようです。

今は年齢のせいもあり(笑)?、ニキビとはほぼ無縁の生活を送っています。
私のニキビとストレスの関係の話が役に立つかどうかわかりませんが、こんな人もいるんだと参考程度に思ってもらえると良いかもしれません。

YUKI_uwanensyuhikusugi15113032-thumb-1000xauto-18871

小学生でもニキビができて心配!まずは体質改善からさせてあげなきゃ

私には2人息子がいます。
上の子は高校生で、思春期なのでニキビができるのは仕方がないと思うのですが、下の子は小学生なのにもう、ニキビがあります。

今からこんなにニキビがあったら高校生になったらどうなってしまうのか心配。
額や鼻やほほに赤いぽつぽつとしたニキビがいくつもあります。

本人はニキビが痒いらしくて、特に額にあるニキビをかこうとするので、私がそれに気が付くと跡が残ってしまうからと止めています。
下の子は太っているからのニキビができるのでしょうか。

下の子は太っていて体脂肪率が30パーセント以上あるので、学校の健康診断で指摘され、毎年小児科で血液検査受けなければなりません。
秋になると健康教室のお知らせがきてしまいます。

とにかく暑がりで汗かきで、冬でも半袖で平気です。
脂っこいものが好きでファミマのファミチキが大好物。

もしかしたら、それが原因なのかもしれないと、家での食事はダイエットもかねて蒸し野菜を食べてから夕食をとるようにして、食事も脂っこいものはできるだけ控えて作るようにしています。

汗っかきなのは仕方がないので、洗顔フォ-ムもニキビ用のものに変えて、まめに顔を洗うように注意したり、大きいニキビには薬を付けるようにして何とか早く治してあげたいと努力しています。

私も最近ニキビができて、化粧をしていると目と目の間にあるニキビが邪魔で、跡が残ってしまうからと薬を付けて我慢はしたのですが、我慢できずにとうとう爪でつぶしてしまいました。

脂の白いものと血がでて痛かったです。
そして、しばらくするとニキビが再発してしまい、やっぱりつぶしてしまい結局、跡が残ってしまいました。
私の最近の反省から息子はまだ若いのでニキビは何とかきれいに治してあげたいと思っています。